【必見】出会系アプリのサクラ情報まとめ

出会系アプリには、優良の出会系アプリもあれば、悪質な出会系アプリもあります。

 

もしも悪質な出会系アプリを使ってしまうとお金がいくらあっても足りませんし、女性と出会えないので、時間の無駄です!

 

悪質な出会系アプリで気を付けなくてはいけないのは、サクラと雇っていることです。

 

今回は、サクラの特徴、どんな手口を使っているか、どんなサクラ被害があるのかなどを紹介していきたいと思います。

 

男2

 

 

■サクラの由来は?
サクラというのは、江戸時代に出来た言葉と言われていて、有力なのは、芝居小屋をタダで見る代わりにかけ声をかけたり、その場を盛り上げる行為や行う人のことを言っていたようです。

 

今でいうと、コンサートなどで行われているコールで、コンサートを盛り上げるためには欠かせません!
そしてそれを主催者側が依頼することをサクラと言っていました。

 

ここまででなんとなく、由来と意味が分かったと思いますが、どうして「サクラ」という言葉を使われるようになったのかというと、実は「桜の花見はタダで出来るから」というとこから来ているようです。

 

 

 

■出会系アプリのサクラとは?
出会系アプリのサクラは、運営側から雇われています。
芝居と異なっている点は、報酬が発生するという所です。

 

出会系アプリはサクラを雇い、報酬を支払っています。

 

基本的には、女性によそおい男性会員とやり取りをして、ポイントを消費されます。

 

出会系アプリの特徴は、女性より男性会員のほうが圧倒的に多く、女性は無料で使えますが、男性は有料制になっています。

 

ですが、出会系アプリは女性会員を増やさないと、男性会員が退会してしまう可能性があるので、サクラを使い、女性を装っているのです。

 

男性は女性とやり取りが出来ないのであれば、課金なんてしません!

 

サクラを雇うということは、女性から人気のない出会系アプリが苦し紛れにサクラを使っていると言ってもいいでしょう。

 

男性は注意しないと、もしかしたらサクラとやり取りをしているなんてこともあるかもしれません!

 

 

 

■キャッシュバッカーとサクラの違いは?
サクラとキャッシュバッカーを同じと考えている人がいますが、実際は大きな違いがあります。

 

サクラは出会系アプリに雇われていますが、キャッシュバッカーは素人で、換金目的で登録をしています。
どちらもお金を求めていることには違いありませんが、サクラはバイトが多いです。

 

サクラは、プロがやり取りをしていますが、キャッシュバッカーは、個人でやり取りをしていて、その分ポイントバックを受けています。

 

出会えるのか出会えないのかというと、どちらも出会えません!!

 

また優良の出会系アプリにはサクラは存在しませんが、キャッシュバック制度がある優良の出会系アプリがあるので、そのような出会系アプリには、必ずキャッシュバッカーがいます。

 

管理がしっかりしているのでサクラは排除することは出来ますが、キャッシュバッカーは素人なので取り締まりが出来ないので、やり取りをして判断していくしかないんです!

 

 

 

■サクラの種類
サクラの種類は1種類ではなく、3種類あります。
以前はバイトが行っているのがほとんどですが、今では他にもサクラの種類があるので、1つ1つ見ていきましょう。

 

 

〜バイトのサクラ〜
最も多いのが、出会系アプリ側に雇われているサクラです。

 

このサクラは求人サイトなどで募集して、採用した後に女性になりきり、男性とやり取りをすることになります。

 

求人サイトの内容をチェックしてみると、「データ入力」「高収入」「初心者でも問題ない」などと書かれています。

 

でもこのように募集していることが多いです。
そして面接に行ったら、サクラのバイトだったなんてこともよくある話です。

 

 

 

〜自動返信のサクラ〜
自動返信のサクラは、プログラムを利用して、メールを自動返信しています。

 

雇わないでサクラの行為が出来るのでコストがかかりません。なのでコストを気にしている出会系アプリで導入し始めました。

 

でも自動返信なので、言葉のキャッチボールが出来ていないなんてことも多いです。
ここからもわかるように制度はそれほと高くありません。

 

 

〜自社のスタッフがサクラ〜
出会系アプリサイトの運営会社で働いているスタッフがサクラになってやり取りをしているのがこのタイプのサクラです。

 

このタイプのサクラは、開設したばかりの出会系アプリに最も多く見かけます。
スタッフは、仕事の合間に、サクラとなってやり取りをしているのです。

 

 

 

サクラの特徴(見分け方)

 

女性からメールが頻繁に来る

出会系アプリに登録している女性は基本的に、受け身なので、女性から積極的にメールしてくることはほとんどないと言っていいでしょう。

 

また登録したらすぐにメールが届いたとか、女性からのアプローチメールが複数来る場合は、そのサイトにサクラがいる証拠です。

 

出会系アプリの中には、男性が登録すると自動的にメールが送られるというシステムを使っている出会系アプリもあります。

 

なので登録してプロフィールをまだ作ってないのに、メールが届いた場合は、注意したほうがいいでしょう。

 

 

 

ファーストメールの内容が魅力的

 

〜即会メール〜
即会メールとは、「休日って空いてますか?」とか「気になったので会って話してみたいです。」などまだお互いのことを知らないのに会いたいというような内容を送ってくるメールのことです。

 

 

〜連絡先交換系のメール〜
「少し話したらLINEのIDを交換しませんか?」とか「メールアドレスや電話番号交換しませんか?」といったようなメールを送ってきます。

 

 

〜援助系のメール〜
「お金あげるのでセックスしてくれませんか?」とか「遺産をもらったんですが、自分では使えないので、もらってください。」というような内容を送ってきます。

 

一般女性であれば、「会いたい」と言ったり、連絡先の交換を持ちかけたり、援助します的なメールを送ってくることはありません!!

 

ファーストメールがこのように魅力的な内容の時は、サクラの可能性が非常に高いので、受分に注意しましょう。

 

返信したとしても、絶対に会えませんし、連絡先交換も出来ません。ましてや援助なんてしてくれるわけでありません。

 

 

 

ポイントが無くなる直前にテンプレートを使ったメールが来る

出会系アプリ側は、会員のポイントがどれくらいあるのか把握することが出来ます。

 

そのためポイントが無くなる直前に、男性を繋ぎとめるために特定のテンプレートを使ってメールをしてきます。

 

内容はもちろん男性はポイントを購入して使い続けてくれるような内容になっています。

 

例えば、「返信ありがとう。いつ会えるかな?」とか「よかったら連絡先交換しませんか?」というような、いかにも男性が食いついてきそうなメールを送ります。

 

こんなメールが来たら、男性はやり取りを続けたくなって、課金してしまうと思います。
サクラはこれが狙いなんです!

 

 

 

話がなかなか進まない

サクラとやり取りしているとなかなか話が進まないし、何度も同じ話をしている感覚になることもよくあります。

 

例えば、会う約束したのに、はぐらかされて無かったことにされることも多いですし、質問しても一切答えないということもよくある話です。

 

 

 

一言や一行メールが来る

サクラは効率よくやり取りをしないと報酬に繋がらないので、1人に時間をかけられないので、自然とメールが短文になります。

 

ひどい時は、一言や一行メールが来ることもあります。

 

最近では、出会系アプリ側がサクラを教育して、長い文を送ったり、テンプレートを使わせたりと、工夫しています。

 

ですが、一般女性と比べると、メールが短い傾向があります。

 

 

 

最新!出会系アプリのサクラの手口

 

芸能人を装う

出会系アプリを使っていたら、芸能人からメールが来たなんて経験をしたことがある人もいると思います。

 

でも芸能人が出会系アプリを利用することはほぼないと言っていいでしょう。

 

特に有名な人が出会系アプリを使っているとなると、大騒ぎになり、イメージダウンになってしまうので使うことはないでしょう。

 

なので芸能人からメールが来たら、確実にサクラなので、返信しないでください。

 

ちなみに、メール例は、「女優をしてる○○です。今すごく悩んでいるので、もしよかったらお話聞いてください。」というような内容が来るので、このようなメールには要注意です!

 

 

深い悩みや病気をほのめかす

この手口は、とてもあくどい手口です!

 

人の親切心などを逆手に取り、ポイントを使わせようとします。

 

例えば、「いじめを受けていて、相手から何をされるかわからない。」「死にたい。」「ガンなんです。」などというようなメールを送ってきます。
そして「返信が来ないと死にます。」なんて言ってくる場合もあります。

 

あくどい手口ではありますが、退会させないように、こんな方法までも使うんです。

 

 

 

男性が食いつく職業や地位に設定しておく

 

・レースクイーン
・キャビンアテンダント
・女医
・社長令嬢

 

など、男性が食いついてくる職業や地位をファーストメールで伝えてくるのも手口の1つです。

 

このような職業や地位の女性とやり取りをしたい男性は多いので、メールのやり取りが積極的になります。

 

でもよく考えてみると、一般女性で社長令嬢の女性が登録していても、自分から社長令嬢であることを伝える人はいないと思います。

 

またレースクイーンやキャビンアテンダントは、普段出会いが多い職業なので、わざわざ出会系アプリで出会いを求める必要はないと思うので、使っていない可能性が高いです。

 

 

 

お金の授与をほのめかしてくる

「宝くじが当選しましたが、自分だけでは使い切れないので、もらってくれませんか?」というようなことを送ってくるサクラがいます。

 

そのような場合は、お金を振り込むために口座を教えてください。と言ってくる場合がありますが、ここで教えてしまうと、犯罪に巻き込まれる可能性があるので、絶対に教えないでください。
教えたとしてもお金は絶対にもらえません!!

 

また手続きに時間がかかると言われ、やり取りを何度もすることになり、結果ポイントを使わされていたということになります。

 

このようなサクラは、一般の迷惑メールにもよく使われる手口です。

 

 

 

サクラの被害の対処法とは?

もしもサクラの被害になった時に、どのように対処すればいいのか見ていきましょう。

 

対処法を知っていれば、いざと言う時にも役に立ちます!!

 

 

■無視するか退会する

 

やり取りをしている相手がサクラだとわかった場合、そのままメールをしていてもポイントの無駄なので、すぐにやり取りを辞めましょう。

 

しばらくの間は、しつこくメールが届くかもしれませんが、ずっと返信がないと諦める可能性もあります。

 

またサクラがいる出会系アプリを使っているのはとても危険ですし、やり取りをしていても発展することはありません。
サクラサイトを使っていても無駄なので、退会するのもおすすめです。

 

退会して、サクラがいない出会系アプリを使うようにしたほうがポイントを無駄にせずに済みます。

 

 

 

 

■被害にあったら消費生活センターに相談しよう!
被害に遭った場合は、消費生活センターに相談してください。

 

連絡先は「188」で、局番はないのでそのままかけてください。
普段でいれば通じますが、年末年始の12月29日〜1月3日までは通じないので注意しましょう。

 

そして相談をする時は、どの出会系アプリで、どんな被害があったのか詳しく話しましょう。

 

〜警察に相談してもダメ?〜

 

警察に連絡をしてもいいですが、必ずしも動いてくれるとは限りません!

 

警察というのは、苦情件数が多くないと動かないので、1件苦情があったくらいでは、動いてくれないでしょう。

 

 

 

〜弁護士や興信所もおすすめできない〜

 

被害に遭ったら弁護士や興信所に相談しようと思うかもしれませんが、それらは相談料や着手金がかかります。
また損害金が取り戻せない可能性もあるんです。

 

特に興信所は、期間が長いと100万円、200万円かかることもあります。

 

 

もしも弁護士に相談するのであれば、消費者センターに相談してもどうにもならない時にしましょう。

 

 

 

■損害金額を取り戻すために必要な情報とは?

 

〜相手の情報〜

 

・サイト名
・サイトのURL
・運営会社の情報
・料金形態、利用規約、プライバシーポリシー
・インターネット異性紹介事業番号の有無
・トップページのキャプチャ画像

 

 

 

〜被害の経緯などの情報〜

 

・サイトを知ったきっかけ、登録した経緯
・登録した日、利用した期間
・出会系アプリにログインしていたパソコンやスマホの種類
・サイトで使っていたニックネーム、ID、メールアドレス
・サクラの名前とプロフィール(スクショしておくといいです!)
・やり取りの内容(スクショしておくといいです!)

 

 

〜被害金額などの情報〜

 

・支払い日時、回数、金額、支払い方法
・出会系へ振り込んだ金額がわかる銀行などの振り込み明細書やクレカの明細書
・Webマネーを使った場合は、その種類、番号

 

 

このようにかなりの情報が必要になります。そして登録しつつも情報を集める必要があるので、簡単な事ではありませんが、情報があやふやな状態だと、お金が戻ってこない可能性があるので気をつけてください。

 

 

 

最後に・・・

出会系アプリを使う上で、サクラの存在はかなり厄介ですが、これからもいなくなることはないでしょう。

 

また一部の出会系アプリでは、サクラの存在で成り立っている出会系アプリもあるくらいです。

 

サクラに引っかからないためには、まずはサクラの特徴や手口を理解しておかないといけません。
少しでも知っておけばいざと言う時に役に立つので、関係ないと思わず知っておくといいでしょう。

 

またもしも被害にあってしまっても、泣き寝入りする日腸はありません。
情報集めは少し大変ですが、しっかりした情報を集め、消費者センターに相談をすれば、しっかり対処してくれるでしょう。

 

対処しても解決に数か月かかったり、お金が取り戻せなかったという事例もありますが、手続きをすれば、悪質な出会系アプリに対する圧力になるので、少しずつでも被害人数を減らすことが出来るかもしれません。

 

また少しでも怪しい出会系アプリには登録しないようにするのも重要なことです。

 

特徴や手口をしておくと、早いうちに気付くことができ、損害も少なくて済むと思うので、理解することが重要です。

 

出会いを使うのであれば、その面を理解したうえで使うようにしましょう。